《美容情報》あごの整形なら貴方が望む形を作ることの出来る

手術の際に行うことになる全身麻酔によって身体への負担が少し前まで手術設備も十分ではないために、大きな問題となっていました。
今では多くの方が自分の理想を叶えており、ほとんど傷跡を残すこと無く顎の美容整形が可能になってきています。
顔の輪郭が非常に大きく小顔にすることに影響を与えています。
この顎の美容整形の歴史は古く、今では一般的に行われていますが1970年代から日本では行われています。

 

あごの整形手術の際には、最近では骨きりの技術も飛躍的に向上し、安全性も高くなってきました。
個々が望むあごの形やバランスをその結果、実現させることが出来るようになったのです。



《美容情報》あごの整形なら貴方が望む形を作ることの出来るブログ:08月17日

大人になるとほとんどの人が、
1日の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さなお子さんがいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる男の子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
あたし達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さなお子さんに対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという妻に…
いつもいつも自分を誘ってくれる友人に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと妻やお子さんと過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ男の子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
あたしのこころ片隅には、
「あたしは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

あたしはこれから男の子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

・・・と、書いてみるテスト